ブログランキング・にほんブログ村へ

ヒトリゴトの第二弾として、今回は『ダイニングテーブルの大きさの選び方』

を勝手に独り言としてお話しさせて頂こうと思います。

みなさんは、ダイニングテーブルを探すとき、

『大きさは?』どれを選べばいいのかと悩みませんか?

今回の「ヒトリゴト」が選ぶ際のそんな悩みの参考になれば

いいかと思っています。

では早速、ヒトリゴトしていきますw。

ダイニングテーブルの『大きさ』について

まず、みなさんはダイニングテーブルをどのように使用しますか?

何言っての?『食事をする』に決まってるじゃない!って言われそうですが、

戸建てでも、マンションでもLD(リビング・ダイニング)の間取りが

一般的になり、それゆえ、ダイニングテーブルの使い方も一昔前と

変わりつつあります。

「友達や訪問者の接客の場所として」利用したり、「午後のティータイム

の憩いの場として」利用したり、「奥様の家計簿やノートPCなどの作業の

机として」利用されています。また、私はあまりおすすめしませんが、

最近の流行では「子供の勉強机として」も利用されています。

「ダイニングテーブルは食事以外のテーブル」として多く利用されます。

では、大きさはどのように選べばいいの?と思われるかと思います。

設計上では、1人当たりの利用するスペースを割り出したモジュール

があります。ダイニングテーブルでは、1人当たりのスペースは

幅(W)が600mm 奥行き(D)が400mmとされています。

このモジュールを使用すると4人掛けテーブルは幅(W)1200mm

奥行き(D)800mmとなります。

たまに、未だにこのモジュールで計算されているコーディネーターさんや

設計士さんがいてビックリするのですが、はっきり言って狭すぎます。

私は店舗デザインもしてますので、テーブルの卓数を増やすために

店舗ではこのモジュールを使用しますが、家庭の食卓のテーブルとして

は狭すぎて使用しません。

ましてや、先程述べさせていただいたようにダイニングテーブルは

多目的なテーブルとして利用されつつあるので、なおさら大きな幅

のダイニングテーブルがいいのです。

幅600mmというモジュールはあくまでも人が「食事をする」という

行動が出来る最小の幅だと考えた方がいいと思います。

私がいつもお客様に薦めるサイズは、4人掛けのテーブルでも

幅(W)1800mmのサイズをすすめています。

お客様の中には「ちょっと大きいんじゃない?」という方もいらっしゃい

ますが、そいう方は納品すると必ずと言っていいほど

「大きくてよかったー」とおっしゃいます。

では、幅1200mmと幅1800mmのテーブルを図面で確認してみましょう。

 

図面ではテーブルに400mm×300mmのランチョンマットを敷いてみました。

ランチョンマットを敷いた理由は、1人に必要な食器(お茶碗やお皿)が置ける

スペースの目安として分かりやすいからです。

幅1200mmのテーブルの場合、ランチョンマットを並べるとランチョンマット

以外のスペースがありません。これだと、みんなで食べる大皿の料理や

鍋などをするためのカセットコンロなどを置くスペースはありません。

幅1200mmのテーブルは、4人家族ではゆったりと家族団らんの

食事ができる幅ではないのです。

乱暴な結論ですが、動線を考えたうえで置けるスペースがあれば

大きなサイズを選ぶことをおすすめします。

では、最後にマンションのダイニングスペースの広さに近い、

2500mm×2500のスペースに幅1200mmと幅1800mmの

テーブルの簡単なレイアウト図面を添付したいと思います。

これらを参考にお好みのダイニングテーブルのサイズを

選ばれるといいかと思います。

 

スポンサーリンク