ブログランキング・にほんブログ村へ

今回は、『引っ越しやインテリアの模様替えに役立つアプリ』と題しまして、

メジャー測定アプリやコーディネートのイメージに役立つアプリ、

収納や片付けの際に役立つアプリを

軽く使用してみた個人的な感想とともにご紹介します。


引っ越しにも役立つ! 拡張現実機能を活かしたメジャーアプリ

AirMeasure - 拡張現実測定キット

AirMeasure – 拡張現実測定キット
開発元:Laan Labs
無料
posted withアプリーチ

『AirMeasure』は、AR(拡張現実)機能を活用したメジャー測定
アプリです。同様のアプリはいくつかありますが、このアプリが
他のアプリより便利なのは、ただ計測するメジャー機能だけでなく、
以下の機能(ツール)があります。

  • 『絵画』   壁にバーチャル絵画を掛けれる。
  • 『間取り図』 間取り図が作成できる。
  • 『TV Sizer』 壁に合うテレビの大きさを検討できる。
  • 『Virtual Furniture』 部屋にバーチャル家具を置ける。
  • 『3D Cube』 物を立体的に計測できる。
  • 『レーザー水準器』 画面上で水平 • 垂直の線が検討できる。
  • 『オンスクリーンメジャー』 ディバイスで測定できる機能。
  • 『人の身長』 身長を測定できる。

その他にも機能はありますが、『絵画』『TV Sizer』『3D Cube』の
3つの機能は、使う人によっては便利な機能になるかもしれません。

『絵画』
壁にバーチャルで絵画を飾れる機能ですので、お部屋の壁にアートパネル
など検討している方で、パネルの大きさや、枚数、配置に迷ってる方に、
少しイメージがしやすくなるかと思います。フレームの種類がないのが
残念ですが、絵の部分はご自身の写真フォルダから選ぶことができます。
また、ミラーなどの大きさの検討にもいいかもしれませんね。

『TV Sizer』
バーチャルで壁面にテレビを配置できる機能ですので、テレビの大きさで
迷ってる方に、お部屋に合った大きさのテレビがイメージしやすいので、
テレビ購入の検討に役立つかと思います。(カメが泳ぎますよw)

『3D Cube』
物を幅(W)奥行き(D)高さ(H)と立体的に簡単に測定できる機能です。
お部屋の模様替えで大きな家具などを別の部屋に移動させたい時など、
運ぶ前に測定して、移動させたいお部屋で大きさのイメージがつかめるので
そいう時に便利かもしれませんね。
(私の使い方の問題かもしれませんが、測定したものを隣の部屋には反映できましたが、
1階から2階とフロアを跨ぐのは難しいような気がします。)

評価
操作性 便利度 精度

こんな時に便利かも

  • メジャー(コンベックス)を持っていない方。
  • 大体の寸法(大きさ)が知りたい方。
  • 壁に掛けるパネルやミラー、TVの大きさを検討したい方。
  • 大きな家具を別の部屋に移動する前に、大体の大きさを検討したい方。

感想
どのAR機能の測定アプリもそうですが、正確な測定はまだ難しいようです。
実験で、床に置いたメジャー(コンベックス)を200cmに伸ばし、中心から1m
離れた場所に立ち、続けて5回測定してみました。
結果は以下の通りでした。

1回/ 202cm 2回/ 205cm 3回/ 204cm 4回/ 216cm 5回/ 206cm

私の操作方法が悪いせいか、4回目は16cmもズレてしまいました。
やはり、数センチのズレも許されない精度を求められる測定の場合は、
必ずメジャー(コンベックス)で測定した方が
いいかと思います。
それでも、引っ越しや模様替えの際にメジャーを持っていなくて、
大体の測定で
いい場合には十分に役立ってくれるアプリかと思います。


バーチャル家具でインテリアを検討できるアプリ

RoomCo AR(ルムコエーアール)

RoomCo AR(ルムコエーアール)
開発元:Living Style, Inc.
無料
posted withアプリーチ

『RoomCo AR』はAR(拡張現実)機能を使って、ご自身の部屋に
バーチャルの家具を置くことのできるアプリです。同様のアプリは
他にもありますし、上で紹介したアプリの機能にもバーチャル家具
の配置できますが、このアプリは、実際に販売されているインテリア
アイテムでコーディネートができ、インテリアのアイテム数が
5000点以上(2018 / 04 時)もあることです。
商品を気に入れば、ボタンひとつでサイトに移動し購入することができます。
また、バリエーションボタンで商品のカラーリングを変えたり、
カーテンでは、サイズの変更や「OPEN」「CLOSE」を選ぶことが
できますので、大変イメージがしやすいかと思います。

評価
操作性 便利度 精度

こんな時に便利かも

  • 賃貸新居のインテリアを検討をしたい方。
  • 新築戸建のインテリアを検討したい方。

感想
新居や新築のようなインテリアアイテムが何もない空間で使用するには
大変イメージしやすいかと思いますが、家具があるお部屋で、家具と
同じ場所にバーチャル家具を置く場合は重なってしまいますので、
多少見にくくはなりますが、イメージはできるかと思います。
壁際のインテリアアイテムのレイアウトに壁にフィットするような機能
があればもっといいような気がしました。
また、私の操作が悪いのか天井照明の配置が一度も出来ませんでした。

このようなことを言うと、色々なところから怒られそうですが、
将来的に、より技術が進歩して、ARやVR、オーナーの好みを選んでくれる
ようなAIなどを組み合わせると、コーディネターのような仕事がなくなる
日がくるかもしれませんね。本当に恐ろしいですw。


片付けに便利! 収納したモノの場所や中身を確認できるアプリ

モノログ: モノを写真で管理~場所別一覧・一括検索

モノログ: モノを写真で管理~場所別一覧・一括検索
開発元:Ea, Inc.
無料
posted withアプリーチ

『MONOLOG』は、収納した場所やアイテム名、メモやタグなどを記入できる
メモアプリです。また写真も撮れるので、箱に小物を収納する際もモノを
並べて写真を撮っておけば、何を入れたか分かるかと思います。
その他にも、型番や購入場所、金額、保証書の期限なども記録ができます。
アプリ的にはアナログの様な気がしますが、どこに何を収納したかがアプリ上
で管理ますので、何かモノを探す際にを何処に収納したか探したり、
箱を開けて探す必要がなくなるかと思います。引っ越しや模様替えの際に、
ちょっと頑張って記録をすると、後々便利なアプリかと思います。
さらに引っ越しの際、段ボールにナンバーリングし、何を入れたか
記録していれば、引っ越し先での荷解きが楽になるかもしれませんね。

評価
操作性 便利度 アナログ度

こんな時に便利かも

  • 引っ越しや模様替えの際の、収納の場所やモノの記録。
  • 引っ越しの荷造りの記録、荷解きの際の探し物。
  • 収納場所やモノを探す時。

感想
アナログで最初の記録が大変なような気がしますが、記録さえしてしまえば、
モノを探すときには便利なアプリのような気がします。
引っ越しや模様替えのタイミングで記録をするといいかもしれませんね。

スポンサーリンク